和の精神を受け継ぐリノベーション

リフォームのポイント



2期工事のご相談をいただきました。
5年前にご両親が、東京から松本に帰ってくるお子様ご夫婦の為にLDK、水廻りのリフォームと耐震工事、LDKの断熱工事を行いました。 また、LDKには薪ストーブも入れました。
その後5年を経て、ご両親は同じ敷地の別棟に移り、お子様ご夫婦が娘さんとお母さん(離れのご両親とは別のもう片方の親)の部屋、 玄関、家全体の断熱工事を行いました。




施主のご両親が近くに住まわれていて、毎日のように行き来するお宅をリフォームしました。 玄関にある梁は祖父の祖父の代から受け継がれた想い出の物で、和の精神を受け継いでいます。

既存住宅にあった木材を同じ場所に使ったり、別の場所に使ったりしながら、思い出を残しながら新しくしています。

腰板張りや梁を見せた部屋を多くすることで、木に包まれているような落ち着いた空間にしました。

ギャラリー

詳細

施工面積 : 103.5㎡
リフォーム箇所 : 玄関、洋室2部屋(娘さんとお母さん)
設備、素材、工事内容など : 断熱工事
工  期 : 2ヶ月半